satisfactoryと言うゲームをやっていたんだ。

ググれば何となく雰囲気とか分かると思うけど、製造ラインを作ってアイテムを大量生産するゲーム
こういうとつまらなそうだけど、好きな人に好きらしい。

それで、このゲームだ。3日で飽きた。

この前の土日は一日十時間くらいやっていたんだけど、
石炭による火力発電所を作ってから、アイテムが大量に必要になるため、
今の土地だと製造が追いつかないので、大規模工場移転をする必要があるのだが、
ライン構成を考えるのが面倒になってしまった。

それがこのゲームの醍醐味ではあるんだけど、それが面倒くさい。

まぁもう何年も言ってることだけど、ゲーム自体に飽きてしまった。
・・・と思ってたんだけど、振り返るとそうでもないと思う。

それこそ、音ゲーに関しては1年間ほとんど毎日やっていたし、
ドハマりしてた時は、朝九時からプレイしにいってたし。

最近だとロックマンエグゼ3にドハマりして三日でクリアしちゃったしね。

だからやるゲームによっては、普通に楽しめると思うけど、
昔に比べて、ゲームをプレイした数も増えてきているから
似たようなゲームはすぐに飽きてしまうのよね。

それこそウィッチャー3なんかも、ARPGなんだけど
ぶっちゃけ世界観は違うものの、フォールアウト3,4とかと同じようなゲーム内容だからね。
各地を回ってクエスト進めてクリアするっていうような。

同じくフォールアウト76なんかも、昔のMMORPGみたいにレア掘りとか、デイリークエストみたいなものばっかりで、正直もう、目新しさと言うものがほとんどないからね・・・

音ゲーも、確かに目新しさは無いんだけど、
小学生から全くプレイしていなかったので、ある意味新鮮さがあったんだと思う。

FPSとかARPGなんかは、プレステ3時代から、それこそ10年近くチョコチョコプレイしているから、
まぁ新鮮さなんか、皆無に等しい
どんなにグラフィックが良くなっても、やっていることは変わってないからね。

だから、ゲーム飽きた奴は敬遠してたり今まで全くやってなかったジャンルのゲームをプレイしたほうがいいかもしれない。
それか、俺の音ゲーみたいに10年くらい放置してからプレイするとか、

昔よりもゲームは面白くなっているのは確かだけれども、
じゃあ昔と全く違うかと言われると、そんな事なんかなくて、
結局は、昔のゲームのグラフィックの向上とか、プレイ内容の増加で
根本的な内容としては、プレステ3時代から完全にストップしてしまっていると感じる。

・・・しいて言えばバトロワと言うジャンルが確立したくらいかなぁ
それ以外に関しては、似たり寄ったりのゲーム内容ばかりだと思う。

後期待してるのはVRのゲームだけど、こっちはイマイチパッとしないからなぁ・・・
後数年たって、VRの廉価版だったり、ビートセーバーに次ぐヒット作が出ない限り
VRゲーの躍進は無いと思う。

後、プレステ5の話題が出てるけど、少なくともプレステ4の時の期待感とか
わくわく感と言うものは無くなってしまった。
どうせ似たようなゲーム内容だしね・・・

・・・まぁ色々書いたけど、ゲームは面白くなったけど、
やってることは十年前と変わってないから、マンネリ化しちゃったよと言う話。