従前を歎き、爾今を憂う

自分が世界の隅にしか存在しない。 誰にも目を向けられず、消えたことすら気づかれない。 藻掻けど歩めず。足掻けど叶わぬ。

カテゴリ:個人的なこと > 本の感想

やり抜く力 GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける神崎 朗子Audible Studios2019-09-06音ゲーを除いて、大体のコンテンツは数か月で飽きてしまうほどの飽き性の俺が、継続力を身に着けようと思い、本を借りて読んでみました。・最初の方成 ...

時間術大全――人生が本当に変わる「87の時間ワザ」ジョン・ゼラツキーダイヤモンド社2019-06-20図書館で借りようと去年の11月くらいに予約したら、なんと7か月ほど待たされた人気書籍読んでみたけど、今まで読んだ時間改善術の中で、一番読みやすくて理解しやすかったと ...

人はなぜ、「そっち」を選んでしまうのか内藤誼人青春出版社2015-03-25正直言うと、あまり内容の濃い本ではなかったと思った 。もちろん自分の知らないことについても書いてあったけれども、心理学の論文から適当に引っ張ってきて、こういう傾向があったから、こうに違いない ...

たった5秒思考のムダを捨てるだけで、仕事の9割はうまくいく [単行本(ソフトカバー)]鳥原 隆志KADOKAWA/中経出版2014-02-14一言。やりすぎると、すべてが崩壊しそう。無駄を捨てる・・・ですか。筆者が書いてある通り、無駄を捨てるのが難しいですよね。何が重要で、何が不 ...

雑談が上手い人 下手な人 [単行本(ソフトカバー)]森 優子かんき出版2017-04-17当たり前のことは、書いてある。・笑顔で,相手の目を見てあいさつしましょう。・常に話題のアンテナを張っていましょう。・謙虚に,落ち着いて話しましょう。・少しオーバーリアクションのほうが ...

↑このページのトップヘ